【真相究明】ゲッターマウス・ボーナス消滅論

ゲッターマウス

 

日中は暖かく、夕方からは気温が下がる。

僕の地元は大き目な夏のお祭りも終わり

秋へと向かっております。

 

読者諸賢におかれましては夏をエンジョイされているでしょうか。

僕も死ぬまでに一度で良いから

男女混合、くんずほぐれつウェーイしてみたいです。

 

やっぱそういうの苦手なんで大丈夫です。

 

 

ボ、ボーナスが消滅!?

 

ごきげんよう、ふじおか。です。

今回の内容は、タイトルの通り。

かの有名なゲッターマウスについてです。

 

ゲッターマウスと言えば、ふじおか。史上 最も優秀な台。

ノーベル賞に「娯楽」の分野があろうものなら

真っ先に受賞されても可笑しくない台のひとつ。

 

今世紀最高の名機と言っても過言ではないはず。

開発陣には感服し、敬意を払い、更には畏怖の念すら抱いてしまう。

全人類が同じ気持ちです。(ふじおか。調べ)

 

そんなゲッターマウスを遊戯中にふと思いついたことが…。

順を追って説明させて頂こう。

 

ゲッタマにおけるDDT

DDTとは言うに及ばず。

小役を奪取し、最低限のロスで最大限の出玉を確保する打ち方。

 

もちろんゲッターマウスにもDDTが存在し

左リールでチェリーをフォローしつつ

可能な限りスイカも取得

さらに欲を言えば、ボーナス成立時の1枚役すらも

奪取してしまおうという打ち方。

 

みなさんはどんなDDTで遊戯されてますか。

 

ふじおか。も色々と試しました。

左から順押し、ハサミ打ち

中7狙い、ネズミ狙い

はたまた逆押し、逆ハサミ

どのDDTを選んでも効率こそ変われど

ボーナス成立時に形成される超美麗目は

それぞれに用意されており、どのDDTでも

ゲッターマウスの魅力を最大限に引き出せる。

 

ふじおか。の場合は

打ち始め=左からハサミ打ち

ゲッチュー演出発生時はその時の気分で

ぶん回し態勢=中ネズミ狙い。

その時々で変化させております。

 

そう!中リールネズミ狙いです!

 

ネズミ狙いDDT

中リールネズミ狙いDDTとは言わずもがな。

下記の通りである。

 

ゲッターマウス停止形①

 

停止形②ゲッターマウス
停止形③ゲッターマウス
停止形④ゲッターマウス

 

停止形①のように中リール、上段~枠上にネズミを狙う。

停止形での小役対応

  • 停止形①=リプレイ
  • 停止形②=スイカ
    (下段 スイカ・リプレイ・リプレイでスイカの代用1枚役)

  • 停止形③=ハズレ・チェリー
    (右リール★箇所にボーナス図柄停止時左リールチェリーをフォロー)

  • 停止形④=オレンジ

 

上記矛盾でボーナス

 

気を付けるべきは、チェリーの取りこぼしだけですな。

手なりで打って、うっかり取りこぼすと4枚の損失はデカい…。

 


■余談

チェリーといえば、筐体上部の払い出し表?みたいのには

3BET=2枚、1・2BET=15枚と表記があるのは何なの?

実際の払い出しは4枚だから、チェリーで2枚と何かの複合役?


 

そう、だからネズミ中段停止時はチェリーの可能性があるから

右リールでフラグ判別を行わなければならない。

だから、中リール第一停止のDDTの押し順は

中⇒右⇒左となる。

 

オレンジハズレのリーチ目

前述の通り、各停止形で矛盾が起きればボーナス。

今回は停止形④のオレンジハズレについて。

2確目

停止形⑤ゲッターマウス
停止形⑥ゲッターマウス

 

停止形⑤なら左リール下段にスイカを狙い

「スイカ・ネズミ・CHU」で1枚役。

停止形⑥も左リール上段にスイカを狙い

「スイカ・リプ・リプ」で1枚役。

いずれもボーナス濃厚出目です。

 

だがしかし、オレンジハズレのオーソドックスな出目は

ゲッターマウスやはりこれ。

中・右でオレンジがテンパイしながらの左でハズレ。

これなんだよ…。

 

左でハズシてくる!

 

もし当選ゲームで、右リールを第3停止した時どうなるのか

同じく左は下段にオレンジが停止し、2確目になるのか。

はたまた左リールはテンパイして右リールでハズシてくるのか。

なんとビックリ上段に停止してしまうのか。

 

確かめずにはいられなかった。

 

だから確かめました。

 

まさか…消滅!?

はい。長い長い前振りでした。

ここからが本題です。

今まで何とも思ってなかったけど

ふいに思いついたら気になって夜しか眠れない。

毎度毎度、ネズミが下段に停止したら右を押さず左を停止。

中リール中段ネズミの場合は気が抜け、うっかりチェリーを取りこぼすこと数回。

 

待てど暮らせどオレンジはハズレない!

ダイヤモンドは砕けない!

 

そこでとんでもないことを思いついてしまった。

 

まさか、左リールから攻めると内部的にボーナスが成立してても

オレンジに書き換わり、ボーナス⇒オレンジになってしまうのでは!?

 

馬鹿げていると思われているでしょう。読者諸賢。

しかし、証拠がないならそれも詭弁!

 

 

なんてこった。

だから「chu」を確認したってのに、ボーナス合算が1/143とか

ふざけた数値になってんのか…。

 

ならば検証してみよう!

レバーオンで、ジロー以外が点灯した時に

ネズミを意識的に下段にビタ

左⇒右でフィニッシュ。

もしそれが当選ゲームでなければオレンジが成立しても可笑しくない。

しかしそれまでのゲームでボーナスが成立していなかった場合それは・・・。

 

うっかり大いなる陰謀に気付いてしまったのではないか。

もしかしてこれを公にすれば闇の機関からの逃亡生活になるのでは。

もしやこれはフリーメーソンが関わっているのでは。

 

そんなことがずっと頭の中を駆け巡った。

 

機会はなかなか訪れなかった。

しかしひたすら待った。

 

そして時はきた!

ゲッターマウス

これで・・・左・右の順に押してオレンジが揃おうものなら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲッターマウス

はいwwwwwwwwwww

 

 

ボーナス消滅?www

ないないwwwww

5号機のこのご時世にそんなんあるわけないないwwww

だってそりゃ1度ペカったGOGOランプを消すようなもんよ?ww

ばっかじゃねーのwwwwwwwwww

 

 

なんだったんだよ…。

本当に疑心暗鬼になったよ。

 

設定⑤、⑥確が出たのにボーナス引けなかったのは

消滅してるのではなくてふじおか。の右腕がポンコツだったってだけかよ…。

 

 

ちくしょうめ…。

 

 

 

 

 

以上、ふじおか。でした!

 

また読んでね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です