【ハナビ】立ち回るのです!【LESSON4】

ハナビ

 

ここ数日天気が良く、暖かい日が続いております。

しかし、日中は良いんですがやはり夜は涼しい。

日本の本当に暑いところに住んでる方々は寝苦しい夜が

続いているかもしれませんが、僕は日中との温度差で

風邪をひかないようにしなければならない日々デス。

敬意を払え

 

できるわけがないと4回言え!

 

ごきげんよう、ふじおか。です。

 

これまでのLESSONはこちらから

ハナビ【ハナビ】今更ヒトには聞けない!ハナビ入門【LESSON1】 ハナビ【ハナビ】効率のいい打ち方!【LESSON2】 ハナビ【ハナビ】ボーナスからRTへ!【LESSON3】

 

前回はボーナス成立からRTまでの手順を紹介しました。

しかし、BIG成立時に一番大切な所を説明するのを忘れてましたw

 

BIG消化時

BIG中一度だけ技術介入で枚数調整をしなければならぬ。

そうすることで、最大の311枚を獲得できます。

タイミングはいつでもおk。

何度失敗しても、成功すれば枚数的な損は無し。

 

手順は簡単。

左リール中段にをビタ押しするだけ。

ビタ押しだから、ビタじゃないとダメです。(?

よーく見て、ビタっと止めるのデス!

 

難しく思わなくて大丈夫。

前述の通り、どのタイミングでも挑戦可能。

そして失敗しても枚数的な損は無し。

 

唯一のデメリットは、奇偶判別のサンプルゲーム数が減ってしまうってところかな。

 

通常時

通常時の主な手順はザックリだがLESSON1に記述してあるので

そちらをご確認いただくか、他サイト様にて復習してくれ。

ハナビ【ハナビ】今更ヒトには聞けない!ハナビ入門【LESSON1】

通常時は常に小役の取りこぼしに注意が必要。

 

いくら設定①でも機械割が100%を超える

超甘いスペックといわれていても小役の取りこぼし0の時の話であって。

氷を1度取りこぼしただけでも大きな損失なのです。

 

チェリーにしても4枚だから何度も取りこぼしていると痛い。

 

小役の取りこぼしに注意しながら時折くる「遅れ」演出に

一喜一憂しながらリーチ目を待つのがハナビの醍醐味(ふじおか。調べ)。

 

それぞれの小役の出現率に設定差があり、カウントしながら設定判別を行おう。

 

小役カウントにはカチカチくんさんがあると、とても便利です。

 

 

ボーナス確率 BIG確率 REG確率 合算
設定① 1/312.1 1/385.5 1/172.5
設定② 1/303.4 1/368.2 1/166.3
設定⑤ 1/292.6 1/348.6 1/159.1
設定⑥ 1/277.7 1/324.4 1/149.6

ボーナス確率に設定差はあれど、そこまで注視する程の差ではないデス。

最初めっちゃボーナスひいて、高設定か!?と思わせといて

小役は悪くて最終的には出玉全飲まれみたいのはよくあるやつ。

 

小役確率 風鈴 2役合算
設定① 1/15.66 1/52.85 1/11.99
設定② 1/15.30 1/52.85 1/11.78
設定⑤ 1/14.97 1/48.05 1/11.33
設定⑥ 1/14.65 1/48.05 1/11.14

小役確率は上記の通り。

 

やはりこちらも分母に大きな差は無し。

小役の出現率を設定推測要素として考えるには

サンプルが最低でも3000~4000Gは欲しいところ。

風鈴・氷、それぞれ各小役の出現率だけで見るとバラつく可能性があるので

2役合算で確認した方が信頼度が上がります。

2役合算の分母が「11」寄りなら高設定期待度上昇。

「12」寄りなら早めに退散した方がいいかも?

 

BIG中 斜め風鈴 ハズレ
設定① 1/10.67 1/16384
設定② 1/8.26 1/16384
設定⑤ 1/10.67 1/481.88
設定⑥ 1/8.26 1/481.88

上記の通り、斜め風鈴の出現率で奇偶の判別。

と言ってもそれなりにサンプルを集めないと信頼できません。と思います。

 

ハズレについても、設定①・②じゃ引けない数値に見えてそうでもなかったり。

ふじおか。は過去何度このハズレで痛い目を見たことか。

でもBIG中に1度でもハズレを確認できれば高設定期待度は跳ね上がります。

 

 

立ち回り方

朝イチから攻める場合はハナビに限ったことではありませんが

そのお店お店の傾向やクセを掴むことが大切デス。

高設定が投入されやすい位置

高設定が投入されやすい日

それまでに高設定らしき台があったか

などなど。

 

根拠のある台でも、設定推測にはかなり時間がかかるうえ

結局どうかわからない場合も往々にしてあります。

そこは自分で経験して押し引きを決めないとなりませんな。

 

 

昼・夕方がから攻める場合

データ機に払い出し枚数が表示される場合は要チェック。

枚数調整を行い、最大獲得枚数をGETした場合は

払い出しが311枚の表示。

枚数調整を行っていなかった場合は299枚表示(なかなかありませんが)。

もし、BIG中にハズレが出現した場合は309枚となります。

 

だから、履歴で309枚があった場合は大チャンス!?

 

だけども、ビタ押しを故意or事故で3回やってしまった場合も

獲得枚数が309枚となるので、要注意。

 

途中から打つ場合は前任者がどんな人だったかも要チェック。

 

ボーナス確率がめっちゃ良いのにヤメて行った。

そんな場合は「通常時の小役が悪かった」「RT中のハズレが少なかった」

などの要因が考えられるのデス。

 

RT中のハズレ確率は下記の通り。

  RT1 RT2
設定① 1/7.07 1/13.36
設定② 1/6.61 1/11.81
設定⑤ 1/6.16 1/10.44
設定⑥ 1/5.81 1/9.48

 

RT1中のハズレは設定差がありますが、差が小さい。

RT2中のハズレはそこそこ設定差が大きいので注視するべきかと。

 

 

設定推測は難しいですが、それなりに要素はあるので

それぞれのカウントが大切なのです。

 

正直確率通りに出現することの方が少ないと思ってますが

7000~8000Gも回せばそれなりの数値に収まってきます。

 

そこまで頑張って回した時にどうかデスね。

 

 

「はぁ~やっぱ低設定だったか・・・。」

若しくは

「よっしゃ、高設定間違いなしやんけ!」

 

 

 

前者にならないようにしなければなりませんな。

 

 

 

 

以上、ふじおか。でした!

 

 

また読んでね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください