ディスクアップ打ち方講座~ペラポン編~

ペラポン

 

ごきげんよう、ふじおか。です。

ここ数回ディスクアップのDDTをご紹介してきました。

ディスクアップディスクアップ打ち方講座~黒BAR枠上ビタ編~ ディスクアップディスクアップ打ち方講座~黒BAR枠内編~ ディスクアップディスクアップ打ち方講座~赤7枠内編~

今回は遊戯中に起こる演出の中でもそれなりにボーナスを期待できる演出

ペラポン(滑り音)演出についての記事です。

 

ペラポンの概要

ペラポンとは

みなさんご存知の通りアレです。

レバーオン後リール始動時?ウェイトが切れたタイミング?でけたたましく鳴るアレです。

音量の設定や時と場合に依っては打ち手はもちろん、周囲の人間もビックリするアレ。

ペラポン
  • ビタ停止:ヂュンッ!
  • 1コマ滑り:デンッ!
  • 2コマ滑り:デデンッ!
  • 3コマ滑り:デデデンッ!
  • 4コマ滑り:デデデデンッ!

停止ボタンを押した際に何コマ滑ったのかを教えてくれる演出ですね。

効果音の聞こえ方は千差万別w

ふじおか。はペラポンが「ペラポン♪」に聞こえたことは1度もありませんww

停止音もわかりませんw

停止音はともかく、Sammy公式が「ペラポン」と認めているのですから「ペラポン」なのでしょう。

通常時に発生した場合のボーナス期待度は約35%

ART中に発生した場合のボーナス期待度は約39%と言われていますが嘘です(個人的見解)。

ボーナス期待度はその日に依って変わります(個人的見解)。

そして筐体によって個体差があります(個人的ry

 

対応役

発生したタイミングで対応役が変わります。

対応役/状態 通常時 ART中
ハズレ
リプレイ
9枚役
チェリー
スイカ
リーチ目リプ
1枚役
単独ボーナス

通常時・ART中共にチェリーはありません

小役が成立したからといってガッカリするのは早いです。重複している可能性もあります。

小役成立時打ち方に依っては重複しているか確認することはできますができない場合が多いと思います。

次ゲーム気合を入れずに叩きましょう。

ほぼ重複してないので安心しておkやで彡(^)(^)ニッコリ

 

楽しみ方

目押しが苦手だったり何コマ滑ったか自信を持てない人だって音を聞けばわかるわけだから楽しめる演出よね。

BAR上段ビタ狙い

黒枠上

 

ビタで停止すればリプレイの可能性が無いのでスイカorボーナスになるわけです。

中リールは「ス・チェ・バ」を狙おう。

ディスクアップ

この停止形になれば赤7BIG2確!

スイカが成立してもスイカ重複、外れても赤7BIGは揺るがない!

(※ただし、中リールが4コマ滑ってのスイカ成立は重複確定ではありません。)

他の停止形に関してはディスクアップ打ち方講座~黒BAR枠上ビタ編~を読んでください。

赤7中段ビタ狙い

ディスクアップ

 

ビタで停止するとサムイですw

しかし1コマでも滑れば1確!!

「デンッ!」と鳴って下段に停止することを願おう。

その際はボーナスを狙うのではなく、「赤7赤7・チェリー」の1枚役を狙うのがプロだぜ。

(※この時注意しないといけないのが右リールのチェリー。右リールにチェリーは2つあるんですが、赤7の上のチェリー(葉っぱが2枚の方)が対応図柄です。まぁ赤7を目安に押しておけばおk!!)

その1枚役から異色BIGが出現しようものなら高設定に期待できるし、1枚役A以外の1枚役+赤7BIGの場合や単独赤7BIGの場合はそのまま成立させることもできる!

一番悲しいのが1枚役も赤7BIGも蹴って次ゲームにレギュラーを揃えてしまう事なのです・・・。

うっかり上段に押していて「デデンッ!」2コマ滑りなら青7BIG濃厚!

青7枠内狙い

ディスクアップ

 

通常時絶対押さないところですよね。

でもペラポン発生時には狙えるのです!

何故でしょう!?

そう!

チェリーが無いから!!

この場合も上段に押して2コマ滑りで下段に停止したら青7BIG濃厚なのかな?

1回しか経験したことないからわかりませんが、2コマ滑りで下段に停止した時は青7BIGでした。

 

そしてペラポン発生時にしか狙う機会の無い1枚役を狙うこともできます。

(枠上に青7を押すDDTをやってりゃいつでも機会はあるだろうけど、そのDDTは青7が枠内に滑り込んで来た時以外ノーチャンスのような気がして好きじゃありやせん。)

ディスクアップ
ディスクアップ

 

どっちが1枚役Bでどっちが1枚役Cなのかわかりませんが気にしなくていいと思いますw

どちらもBRあるはずデス。

2019/1/31追記
お恥ずかしいことにどちらも1枚役Bでしたww
「BAR・BAR・7」が1枚役Cでしたね。

成立ラインは平行でも斜めでもあると思いますが、下段で揃うところしか見たことないです。

ハサミ打ちして青7赤7がテンパイしたとき、中リールにどっちを狙うか迷うやーつ。

左リール下段に青7を止めた時は順押しで中リール下段にスイカが付いてない方のBARをビタすれば両方フォローできるのか。

とっても面倒だね彡(^)(^)ニッコリ

よくわからん停止形になったときはハズレかスイカの取りこぼしかリーチ目リプです(適当)。

 

1確目

「ホ・リ・ホ」

 

ビタ押しか1コマ滑りでしか停止しないそうです。

ちょっぴり目押しが面倒ですが拝む価値がありますな。

青7寄りの青7赤7の中間地点です。

もう1コマ滑ってスイカが顔を出したらスイカ濃厚でサムイです。

「ホ・リ・ホ」をビタ押しからの4コマ滑って赤7が中段まで滑ってきても1確みたいです。見たことありません。

上段赤

 

1確みたいですがクッソつまらん(個人的意見です)。

レギュラーかリーチ目リプが多いイメージ。てかそれ以外見たことないかも。

とりあえず面白味に欠けると思ってます(個人的意見です)。

ス・チェ・バ

ディスクアップ

 

たまに狙うんだけどなかなか止まったことがありません。

1コマ上に止まって「青7・BAR・赤7」の1枚役は見たことあります。

多分1コマ上でも激熱なんじゃないかなと。

スイカが中段まで滑るとスイカ?スイカが下段まで滑ると9枚役?って感じですな。

 

ゲチェナ

 

中リール上段に赤7押すくらいならこっちの方が断然面白いと思います。

なんとなくだけど。

止まらなかった場合の絶望感はハンパないけどこっちのが楽しい(個人的意見)。

 

小技

ペラポン発生時はチェリーがありません。

そしてススイカ成立時は左リールを最初に押してしまえば中リールをフォローするだけで勝手にスイカは揃います。

なので中リールにスイカを引き込めるタイミングで高速スライドなんてこともできます。

 

ディスクアップこれくらいのタイミングで「ズダダッ!」と

 

画像は赤7上段を示していますが、スイカを引き込める範囲ならどこでもおkです。

赤7目安ではなくスイカ付きBARを目安でも構いませんし。

一番悲しくなるのはスイカを取りこぼすことなので、すこし注意が必要かもw

恥ずかしいのは、指が引っかかったり高速スライド失敗でどこかの停止ボタンを押しきれなかった時。

充分注意しよう!w

 

あとは手かなにかで左リールを隠して、左リール適当打ち⇒中スイカフォロー⇒右適当打ちなんて楽しみ方もある?

 

まとめ

特に絶対こうしなきゃいけないなんて手順はないので、自分好みの楽しみ方をしたらい良いと思います。

でもやっぱり個人的におススメなのは左リール赤7狙いかな、と。

1枚役Aにもその1枚役からの異色BIGにも設定差がありますのでね。

あとはやっぱり順押しか順ハサミがおススメです。

変則押しはなんか面白味に欠けるというか遊戯性を損なうような気がしてなりません。

たまに1確目とか狙って楽しむのは全然アリかと思いますが。

ディスクアップはアクロス系とは違って、出目で楽しむというより演出と出目で楽しむみたいなところがあると思うんです。

なのでハナビの遅れなんかと違って若干奥行きが浅い気がしますが別ベクトルなので比べてはイカンのだと思いました。

 

他にもどこかおススメの狙い場所なんぞあれば教えてください彡(^)(^)ニッコリ

 

以上、ふじおか。でした

また見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください