ディスクアップ打ち方講座~小技編~

ディスクアップ

 

ごきげんよう、ふじおか。です。

本当に最近ディスクアップしか打ってません。

先日番長3だったり、よく仕様がわからないままにグラフからなんとなく高設定のニオイのする蒼天の拳~明友~を打ちましたが楽しくありませんでした…。

久しぶりにテレビ付きの台を触ったので楽しめるかな?と思いましたが真逆。

多分ディスクアップに飽きるまで液晶付きというかAT・ARTタイプの機種は打てないんじゃないかと思ってます。

 

まぁそんなパーソナル事情はさておき。

いくらディスクアップが楽しいとは言え、特にART中なんかに「退屈だなぁ~。」と感じている方も多いのでは!?

今回はディスクアップのARTをもっと楽しく消化できる小技をご紹介!

 

ディスクアップART中の小技

キャラリンフラッシュ発生時

キャラリンフラッシュ

対応役
  • チェリー
  • スイカ
  • (その他小役)
  • (各種ボーナス)

メインはチェリースイカですね。

それ以外の小役の場合ボーナス重複濃厚となっています。

もちろん単独ボーナスや1枚役の可能性もあり、ハズレ以外なら何でもあります。

普段ただチェリーとスイカをフォローしながら打っている人も、滑りコマ数や演出に気にしてみるともっと楽しめるはずです!

演出矛盾

①スイカは基本的に2消灯するので、チェリーを蹴った時に1消灯しなければチョイ熱。
(消灯なしでスイカが成立する場合もよくある。スタンバイ中やデンジャー中は基本消灯なし。)

②チェリーを蹴ってスイカ枠内で1消灯、からの2消灯なしは鉄板

③チェリーを蹴ってスイカ枠内で1消灯、2消灯したけどスイカ非テンパイも鉄板

1確目

BAR上段ディスクアップ
BAR下段ディスクアップ

 

チェリーを否定しつつスイカも蹴ってるのでボーナス濃厚目となります。

BAR上段停止の時に注意しなければならないのが、赤7を枠下にビタ押しした時。

スイカ+黒BIGが成立している場合はその形からでもスイカが成立します。

とりあえずBARを枠上~枠内に狙った際に上記2つの停止形ならボーナス濃厚です。

 

ス・リ・ス(条件付き)黒枠上
ゲチェナディスクアップ

左リール下段に赤7をビタ押しした時に4コマ滑って「ス・リ・ス」が停止した形。

通常時やART中でも何の演出も無い場合普通にリプレイが成立しますが、キャラリンフラッシュ発生時はボーナス濃厚となります。

赤7を間違いなく下段にビタできていればこの停止形からスイカは絶対に成立しません。

しかも赤7を蹴ってるということは、レギュラーもない!?

リプレイ重複の可能性もありますが、リプレイ重複でなければBIGが確定するということなんですな!

ゲチェナに関しては何も言うまい。

他にも1確目はありますが、通常時とほぼ一緒です。

 

バシュン発生時

バシュン

対応役
  • パンク役
  • チェリー
  • スイカ
  • その他小役
  • (リプレイ)
  • (各種ボーナス)

一番多いのは内部的にパンク役が成立した際です。

そもそもパンク役とは

パンク役成立ライン不問

ART中にこの役を成立させていしまうと以降の押し順リプレイ発生時、ナビが発生しません(白目)。

左リールのリプレイ図柄はギザギザしてるやつ、青7の3つ上にあるリプレイだけです。

うっかり青7を枠内に押してしまったり、ギザリプ付近を押してしまった場合枠内に引き込みます。

中・右リールに対象の図柄を避けて押せば外すことができますので冷静に対処しましょう。

バシュン発生時はチェリーの可能性がありますので、通常通りのDDTを実践しておけば問題ありません。

注意が必要なのが、スイカが成立している可能性もあるということです。

スイカ成立時にバシュン演出が選択される可能性はかなり低いですが、たまにあります。

そしてその時は消灯しないので気を抜かずフォローしましょう。

まさかのリプレイが成立したら問答無用で重複濃厚です。

1確目

上記キャラリンフラッシュの説明時にもありました、赤7下段ビタ押しからの4コマ滑りス・リ・ス。

他にもありそうですが知りませんw

2確目

とりあえずリプレイorの形になってしまえば2確ですよね。

いくつかあります。

例1ディスクアップ
例2ディスクアップ

例1、例2ともに小役ハズレでリーチ目なので2確となります。

この停止形の場合逆にリプレイが揃う事の方が珍しいとは思いますが、リプレイが成立してもボーナス重複濃厚となります。

バシュン+リプレイの場合、他のボーナス告知パターンと違いシレっと何事もなかったようにARTが続行します(BGMが止まらない)。

次ゲームに消灯やらの演出が絡むと思いますので、まず見逃すことは無いと思いますがw

 

例3ディスクアップ
例4ディスクアップ

例3、例4共に通常時だろうとART中だろうとバンバン停止します。

そしかしこの停止形からはリプレイ濃厚目となっており、小役が外れればボーナスとなります。

例3に関しては9枚役がテンパイしていますが、9枚役成立時は青7がもう1コマ下か、青7の2個下の星が中段に停止します。

なので激熱2確目。

例4に関してはリプレイが外れれば赤7以外のBIGが濃厚となりますのでとりあえずリプレイが成立しない事を祈りましょう。

 

豆知識

ディスクアップ

 

バシュンが発生した時、左リール中段にBARを狙ってもなかなか停止しません。

停止した時は、9枚役orスイカorボーナスとなります!

バシュンからのそれぞれはなかなか発生率が低いので1リールで少しアツくなれます!

BAR中段停止時ハサミ打ちで小役が何もテンパイしなければ2確!?

 

イコライザ演出

ディスクアップ

対応役
  • チェリー
  • スイカ
  • (その他小役)
  • (各種ボーナス)

基本的にチェリーかスイカが成立します。

その他の小役ならボーナス重複濃厚、こちらも単独ボーナスの可能性もあります。

「こすれ!」と書いてる割にサブ液晶を触るだけorPUSHボタン長押しでもOKです。

初めて打った時は一生懸命サブ液晶を擦って恥ずかしい思いをする罠。

この時筐体上部のLEDに注目

白<赤<青の順にアツさが違います。

白ならチョイアツ、赤なら激熱、青なら0確(同色BIG以上)となります。

でも白からでもボーナス当選はよくありますし、逆に赤から非当選もよくあります。

頻発する演出ではないので、期待に胸を膨らませてしまうのは間違いありません。

キャラリンフラッシュの上位パターンという考えで問題ありません。

チェリー・スイカ以外の小役でボーナス重複濃厚。

チェリー・スイカからの重複もよくあります。

楽しみ方

まずサブ液晶やボタンに触る前にどこか1リールだけ任意の場所で止めます。

割とその時点でアツさがわかっちゃいますw

それからLEDの色を確認しながら、液晶のアルファベットを確認。

最後の表示される文字で期待度が変わります
  • C⇒CHANCE(ボーナス期待度40%程度?)
  • B⇒BONUS(ボーナス確定)
  • G⇒GEGEGEGET(同色BIG以上確定)

それから全リール停止させるのがふじおか。流。

最近は逆もやったりします。

先にLEDの色を確認して1リールを停止、それからアルファベットを確認するパターン。

LED白で、枠内スイカで「あースイカかー。」と思ったら9枚役だったり星が揃ってYES!とか。

 

まとめ

以上、ART中のちょっとした楽しみ方でした。

他にもたくさんあると思いますので、自分なりの楽しみ方を探しながらやるとちょっぴり退屈なARTも楽しめる様になりますよ。

 

以上、ふじおか。でした!

また読んでね!

 

※通常時のDDT・豆知識などの記事も書いてますのでよろしければご覧ください^^※

ディスクアップディスクアップ打ち方講座~黒BAR枠上ビタ編~ ディスクアップディスクアップ打ち方講座~黒BAR枠内編~ ディスクアップディスクアップ打ち方講座~赤7枠内編~ ペラポンディスクアップ打ち方講座~ペラポン編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください